bitLab

できること:bitLabとは何かがわかります

bitLabとは



micro:bit+bitLabだけでは、micro:bit単体でできることしかできません。
センサーやモーターといった、micro:bitに追加したい機能を持ったパーツをbitLabのコネクターに接続していくことによって、bitLabでできることを増やしていきます。

bitLabのポイント

それでは、bitLabに接続できるパーツをみていきましょう。

bitLabに接続できるパーツ

bitLabには3種類のコネクターがついています。

オモテ側中央に接続できるパーツ



オモテ側両端に接続できるパーツ


micro:bit用コネクターベースに接続できる全てのパーツを接続することができます。

※接続できるパーツは増えていく予定です。

シールの番号は、コネクターが接続しているmicro:bitのピン番号になります。


ウラ側に接続できるパーツ


micro:bit用ベーシックモジュールキットに接続できる全てのパーツを接続することができます。

※接続できるパーツは増えていく予定です。

シールの番号は、コネクターが接続しているmicro:bitのピン番号になります。


bitLabの電源

背面のパネルを外すと、電池ボックスがあります。単4電池を3本いれてください。



電源スイッチは、bitLab右側側面にあります。



次からは、接続できるパーツの使い方を詳しくみていきましょう。