Scratchにmicro:bitを接続する準備をしよう!

できること:micro:bitの準備が完了します

次は、micro:bitの準備、2番目のステップです。

  1. パソコン/タブレットの準備:Scratch Linkの起動
  2. micro:bitの準備:専用プログラムの書き込み  ←ココ
  3. Scratchエディタの準備:拡張機能の追加

用意するもの

※AIプログラミングで動くものづくりをはじめようキットの代わりに、micro:bitUSBケーブル(A-microB)でも大丈夫です。

専用プログラムの書き込み