micro:bit

できること:micro:bitには何がついているのかが分かります

micro:bitの表

顔マークが描かれているほうが表です。

LED

真ん中に並んでいる小さい部品はLEDです。赤色に光ります。このLEDは明るさセンサーとしても使うことができます。

ボタンスイッチ

LEDの両脇にはボタンスイッチが二つついています。左がボタンA、右がボタンBです。

端子

下側の金色の部分は細く分かれています。これらは「端子(たんし)」と呼ばれています。micro:bitについていないセンサーなどを追加してつけたい場合に使います。また、大きな5つの穴にはそれぞれに0、1、2、3V、GNDと名前がついています。0、1、2はタッチセンサーとして使うことができます。

micro:bitの裏

左の上の方にある黒い四角い部品はプロセッサーと呼ばれるものです。無線通信機能(BLE)をそなえています。温度センサーの機能もあります。その下の「COMPASS」はコンパス、「ACCELEROMETER」は加速度センサーです。