ボタンを押してLEDに文字をだそう

できること:ボタンAを押すと「A」、ボタンBを押すと「B」、ボタンAとボタンBを同時に押すと「A+B」とLEDに表示します。


プログラムを組もう

  1. エディターの上部にある「プロジェクト」をクリックしてください。


  2. 下のようなウィンドウが表示されますので、「新しいプロジェクト…」をクリックしてください。


  3. ひとつ前のチュートリアル「LEDの点滅」の「プログラムを組もう」の項目と同様に、「最初だけ」ブロックと「ずっと」ブロックが置かれているだけの状態になったはずです。今回のプログラムでは「最初だけ」ブロックも「ずっと」ブロックも使いません。ブロックの削除の練習がてら、「最初だけ」ブロックと「ずっと」ブロックを削除してみましょう。下の写真のように、各ブロックをツールボックスにドラッグアンドドロップすると削除できます。

    ※「最初だけ」ブロックと「ずっと」ブロックは削除しなくても問題ありません。削除したほうがプログラミングエリアがきれいに見えるだけです。


  4. 前回と同様に、「名称未設定」のところを「button」に変えてください。


  5. 前回と同様の手順で、下の写真の通りブロックを組み立ててください。下の「新しいブロック」や「ポイント」の項目も参考にしてみてください。


新しいブロック

  1. 「ボタンAが押されたとき」ブロック



    ツールボックスの「入力」の中にあります。「A」の部分をクリックすると、下の写真のような項目が現れます。



    この項目でBを選ぶと「ボタンBが押されたとき」ブロックに、A+Bを選ぶと「ボタンA+Bが押されたとき」ブロックに変わります。「ボタンA+Bがおされた」というのは「ボタンAとボタンBが同時に押された」という意味です。

  2. 「文字列を表示」ブロック



    ツールボックスの「基本」の中にあります。「Hello!」の部分を書きかえることができます。ここに入れられるのは半角の数字と半角のアルファベット、半角の単純な記号だけです。本当は入れられないはずの文字でも、ブロックには書き込むことができてしまいます。ただし、シミュレーターやmicro:bitでは表示されません。本当は入れられない文字を間違えて入れてしまってもmicro:bitは壊れたりしないので安心してください。

ポイント

今回のプログラミングでは、同じブロックの文字の部分だけを変えることが多かったですね。そういう場合は「複製する」を使うと少しだけ楽にプログラミングできます。ここでは、「複製する」の使い方を説明します。

  1. 「ボタンAが押されたとき」ブロックと「文字列を表示」ブロックをつなげたブロックのかたまりを右クリック(Macの場合は「control」を押しながらクリック)してください。下のような項目が現れます。「複製する」をクリックしてください。


  2. 複製したブロックは灰色がかった色になっていますが、気にせず進みましょう。



    下側の「ボタンAが押されたとき」ブロックの「ボタンA」を「ボタンB」に変更してください。ブロックの色がもとに戻ったはずです。



    色が戻ったら、「文字列を表示」ブロックの「A」を「B」に変えてください。

  3. 同様にボタンA+Bも作ってみましょう。

シミュレーターで確認してみよう

エディターのシミュレーターを見ると、ボタンBの下にボタンA+Bが現れているはずです。このボタンA+Bは「ボタンA+Bが押されたとき」ブロックを使ったときだけ現れます。シミュレーターのボタンAとボタンBを同時にクリックすることはできませんので、この新しく現れたボタンA+Bを使いましょう。

ボタンAを押すとLEDにAと、ボタンBを押すとBと、ボタンA+Bを押すとA+Bと表示されることを確認してください。

micro:bitで動かしてみよう

ひとつ前のチュートリアル「LEDの点滅」の「micro:bitで動かしてみよう」の項目と同様に、ダウンロードしてMICROBITにコピーし、micro:bitのリセットボタンを押してください。ボタンAを押すと「A」、ボタンBを押すと「B」、ボタンAとボタンBを同時に押すと「A+B」とLEDに表示されます。