開発環境

できること:micro:bitの開発環境を確認します

micro:bitは、パソコンやタブレット、スマートフォンを使ってプログラミングを行います。

パソコンを使う場合

Windows、MacOS、Chrome OSといった、さまざまなOSのパソコンでプログラミングすることができます。
ウェブブラウザで既定のURLにアクセスして、プログラミングを行います。パソコンがオフラインになった場合でも動作が止まらないように工夫されているため、ネットワーク環境が不安定でもスムーズにプログラミングを続けることができます。

詳細はこちら(micro:bit財団ページ)

また、こちらの条件をクリアしていることも確認しましょう。

※Windows10の場合、専用アプリ(無料)を使うこともできます。アプリはこちらから入手&インストールできます。

タブレット/スマートフォンを使う場合

無料のアプリ(公式)が用意されているので、ダウンロード&インストールしましょう。



次は、セットアップの方法をみていきましょう!