開発環境

micro:bitの開発環境と用意するものを確認しましょう。

開発環境に関する詳細はこちら(Microsoftサポートページ)


パソコンを使う場合

ウェブブラウザで既定のURLにアクセスして、プログラミングを行います。パソコンがオフラインになった場合でも動作が止まらないように工夫されているため、ネットワーク環境が不安定でもスムーズにプログラミングを続けることができます。

OS 推奨ブラウザ 必要な条件
Windows Windows 7 以降
  • USBポートがついていること
  • インターネットに接続できること
Mac OS X 10.9 Mavericks 以降
Chromebook バージョン70以降


用意するもの

USBケーブル
  • micro:bit 側は USB 2.0 Micro-B タイプ
  • データ転送できるタイプ
スイッチエデュケーションでは、A-microBタイプのケーブルを取り扱っています。商品ページはこちら


タブレットを使う場合

無料のアプリ(公式)が用意されているので、ダウンロード&インストールしましょう。

OSバージョン アプリ
iPad 9.0以上 App Store
Android 5.0以上
※機種によって、micro:bitと接続できない場合があります
Google Store


用意するもの

micro:bit用の電源が必要です。

例)

電池ボックス
乾電池で micro:bit に電源を供給します。
micro:bit用ワークショップモジュール
micro:bit にセンサーやアクチュエーターを4つ追加できる、当社オリジナルのパーツです。 乾電池で micro:bit に電源を供給します。



次は、セットアップの方法をみていきましょう!