初めてのプログラミング(PC編)

できること:パソコンから、micro:bitにプログラムを書き込む方法を学びます

用意するもの

micro:bitをパソコンにつなげる

パソコンを起動し、USBケーブルでmicro:bitをつないでください。



見つからない場合は、お家の人に見てもらいましょう。それでもわからない場合は、一度USBケーブルをパソコンから外し、もう一度つないでください。

プログラミング画面を開く

  1. ウェブブラウザを立ち上げ、https://makecode.microbit.orgにアクセスしてましょう。
    ※ブラウザはEdgeやGoogle Chrome、Safariなど、すでにパソコンに入っているものを使いましょう。


    ※パソコンのOSがWindows10の場合だけ、専用アプリ(無料)を使うこともできます。アプリはこちらから入手&インストールしてください。

  2. 「+新しいプロジェクト」をクリックしましょう。

  3. 名前を入力して(なんでもOKです)、「作成」ボタンをクリックします。

  4. MakeCode Editorが開きます。micro:bitをプログラミングするための環境です。「めいくこーど えでぃたー」と読みます。長いので、この先はエディターと呼びます。

シミュレーター:プログラミングエリアで組み立てたプログラムの動きを再現する場所です。micro:bitが思った通りに動くかどうかを確認できます。

ツールボックス:プログラミングで使うブロックが入っている場所です。機能別に整理されています。

プログラミングエリア:プログラミングする場所です。ツールボックスからブロックをドラッグアンドドロップしてきて、ここで組み立てます。


日本語で表示されていない場合

  1. 画面右上にある「歯車」マークをクリックします。

  2. 「地球儀」マークをクリックします。

  3. 「日本語」を選びます。そうすると、画面が日本語表示に変わっているはずです。


プログラムを作る

今回は、micro:bitのLED画面にアイコンを表示するプログラムを作ります。

  1. プロジェクトを作った直後は、プログラミングエリアに「最初だけ」ブロックと「ずっと」ブロックが置かれています。今回は「最初だけ」ブロックを使います。


  2. ツールボックスの中の「基本」をクリックして開いてください。


  3. 「基本」の中にある「アイコンを表示」ブロックをドラッグアンドドロップでプログラミングエリアの適当な場所に置いてください。




  4. プログラミングエリアにある「最初だけ」ブロックの凸に「アイコンを表示」ブロックの凹みをあわせてください。ブロック同士が繋がります。これでプログラムは完成です。



micro:bitにプログラムを書き込む

Windows10専用アプリの場合
エディターの左下にある「ダウンロード」ボタンをクリックするだけで、自動的にmicro:bitにプログラムが書き込まれます。

ウェブブラウザの場合
利用するウェブブラウザによって、作業の流れが少し異なります。
ここでは、Microsoft Edgeを使った場合の方法を紹介します。

  1. エディターの左下にある「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。



    もし、「ダウンロード」左側に写真赤枠内のようなマークが表示されていたら、「ダウンロード」ボタンをクリックするだけで、micro:bitにプログラムが書き込まれます。以降の手順は行う必要がありません。

  2. 画面上に表示される「ダウンロード」内、ファイル名部分(microbit-テスト.hex)にマウスカーソルをもってくるとフォルダマークが表示されるので、このマークをクリックしましょう。


    もし画面上に表示されない場合は、画面右上「・・・」部分をクリックし、「ダウンロード」を選択してください。


    もし、写真のようなウィンドウがある場合は、右上の×をクリックして閉じましょう


  3. ダウンロードしたファイル(microbit-テスト.hex)を「MICROBIT」ドライブにドラッグアンドドロップします。


    ※ファイルが複数ある場合は、()内の数字が大きいファイルをドラッグアンドドロップします。

  4. プログラムの書き込みが完了したら、LEDにハートマークが表示されます。