セットアップ

できること:micro:bitをプログラミングする準備をします。

micro:bitをつなげる

  1. パソコンを起動し、USBケーブルでmicro:bitをつないでください。
  2. パソコンのフォルダを開くと「MICROBIT」という名前のフォルダが新しく見えているはずです。例えば、下の写真の左下の方にと表示されているものがそれです。
     

     
    フォルダが見つからない場合は、お家の人に見てもらいましょう。それでもわからない場合は、一度USBケーブルをパソコンから外し、もう一度つないでください。

JavaScript Blocks Editorを立ち上げる

インターネットブラウザを立ち上げ、https://makecode.microbit.org/#lang=jaにアクセスしてJavaScript Blocks Editorを開いてください。

シミュレーター:プログラミングエリアで組み立てたプログラムの動きを再現する場所です。micro:bitが思った通りに動くかどうかを確認できます。

ツールボックス:プログラミングで使うブロックが入っている場所です。機能別に整理されています。

プログラミングエリア:プログラミングする場所です。ツールボックスからブロックをドラッグアンドドロップしてきて、ここで組み立てます。

ちょっと寄り道:JavaScript Blocks Editorとは

micro:bitをプログラミングするための環境です。アプリケーションみたいなものです。「じゃばすくりぷと ぶろっくす えでぃたー」と読みます。長いので、この先はエディターと呼びます。