初めてのプログラミング(PC編)

LED画面にオリジナルアイコンを表示するプログラムを作って、micro:bitにダウンロードします

4ステップで行います

  1. micro:bitをパソコンにつなげる
  2. プログラミング画面を開く
  3. プログラムを作る
  4. 作ったプログラムを micro:bit にダウンロードする

用意するもの

※詳しくは、開発環境:パソコンを使う場合をチェック


1. micro:bitをパソコンにつなげる


パソコンを起動し、USBケーブルでmicro:bitをつないでください。
コネクターには向きがあります。


2. プログラミング画面を開く


インターネットブラウザをひらき、https://makecode.microbit.orgにアクセスしてましょう。
※ブラウザは、Google ChromeまたはMicrosoft Edgeを使いましょう。



これがプログラミングソフト「MakeCode」(メイクコード)です。


 外国語だったら

画面右上「歯車」マーク → 「地球儀」マークを選んで

「日本語」を選びましょう。



「+新しいプロジェクト」をクリックしましょう。



名前を入力して、「作成」ボタンをクリック

※どんなプロジェクトか、わかりやすい名前をつけましょう。


プログラムを作る画面が表示されます。MakeCode エディターです。この先は「エディター」と呼びます。
※ウィンドウやタブレットのサイズによって画面レイアウトが違うかもしれません。

シミュレーター:

作ったプログラムの動きを確認できる場所です。

ツールボックス:

プログラミングで使うブロックが入っている場所です。
機能ごとに整理されています。

プログラミングエリア:

プログラミングする場所です。ツールボックスからブロックをドラッグ&ドロップして、ここでプログラムを組み立てます。


3. プログラムを作る


micro:bitのLED画面にアイコンを表示するプログラムを作ります。


プログラムの作り方


新しくプロジェクトを作った直後は、プログラミングエリアに「最初だけ」ブロックと「ずっと」ブロックが置かれています。今回は「ずっと」ブロックを使います。



ツールボックス「基本」の中にある「LED画面に表示」ブロックをえらんで



プログラミングエリアにドラッグ&ドロップします。



ドロップした「LED画面に表示」ブロックをえらんで、「ずっと」ブロックの出っぱりにつなぎます。



それぞれの四角をクリックすると、LED のオン/オフを変えられます。micro:bit に表示したいアイコンを作ったら完成です。


4. 作ったプログラムを micro:bit にダウンロードする


micro:bit とパソコンが、USBケーブルでつながっていることを確認します。


用意した micro:bit を初めてパソコンに接続するときに行う作業です。次回からはスキップできます。

エディター左下「ダウンロード」ボタンの右側「・・・」をクリックして「Connect device」をえらびます。

 メニューに「Connect device」がない場合は、トラブルシューティングを確認しましょう。

「次へ」をクリック

「次へ」をクリック

「BBC micro:bit CMSIS-DAP」をえらんで「接続」をクリック

「完了」をクリック



「ダウンロード」をクリックしたら、すぐにダウンロードが始まります。



ボタンに「Downloaded!」と表示されたら、ダウンロード完了です。



micro:bit にアイコンが表示されていたらOKです!


プログラムをダウンロードできない場合は、USBケーブルがデータ転送できるタイプかチェックしてください。データ転送できるタイプなのにダウンロードできない場合は、トラブルシューティングを確認しましょう。