マイクを使って、大きな音がしたときに「びっくり顔」を表示してみよう

できること:micro:bitの近くで音を鳴らすと「びっくり顔」が表示される。

※マイクを搭載していないバージョン(v1.5以前)のmicro:bitでは作ることができません。

プログラムを組もう

  1. 今までのチュートリアルの「プログラムを組もう」の項目と同様に、「プロジェクト」をクリックし、「新しいプロジェクト…」をクリックしてください。

  2. 「名称未設定」のところを「mic」に変えてください。

  3. 前回までと同様の手順で、下の写真のとおり、ブロックを組み立ててください。下の「新しいブロック」「ポイント」の項目も参考にしてみてください。

新しいブロック

  1. 「うるさいかどうか のしきい値を 128 に設定する」ブロック


    ツールボックス「入力」>「…その他」の中にあります。

    「静かかどうか のしきい値を 64 に設定する」ブロックは、「うるさいかどうか…」ブロックの「うるさいかどうか▼」部分を選んで「静かかどうか」を指定しましょう。また、数値「128」部分を選んで、「64」に変更しましょう。

  2. 「まわりの音が うるさくなった とき」ブロック


    ツールボックス「入力」の中にあります。

    「まわりの音が 静かになった とき」ブロックは、「まわりの音が うるさくなった…」ブロックの「うるさくなった▼」部分を選んで「静かになった」を指定しましょう。

ポイント

micro:bitでは、マイクに入力される音量を0~255の数値で表現します。数値が大きいほど音が大きいことを意味します。

「最初だけ」ブロック内で使っている「うるさいかどうかのしきい値を128に設定する」「静かかどうかのしきい値を64に設定する」ブロックは、「まわりの音がうるさくなっとき」ブロックと「まわりの音が静かになったとき」ブロックが実行される/されないの境目となる音量=しきい値を設定しています。

シミュレーターで確認してみよう

シミュレーター上に赤色のマイクマークが出現し、音量が表示されます。音量バーの上をドラッグして、音量によって表示されるアイコンが変化することを確認しましょう。


※シミュレーター上の音量は仮想の音量です。パソコン/タブレットのマイクに入力されている音ではありません。

micro:bitで動かしてみよう

micro:bitにプログラムをダウンロードしましょう。
micro:bitの近くで音を出してみましょう、表示されるマークが変わるはずです。

音を出しても「びっくり顔」が表示されない場合は、「うるさいかどうか」のしきい値を調整してください。