明るさセンサーを使って、照度計を作ろう

できること:ボタンAを押すと明るさの度合いが数値でLEDに表示され、ボタンBを押すと表示が消えます。

プログラムを組もう

  1. 今までのチュートリアルの「プログラムを組もう」の項目と同様に、「プロジェクト」をクリックし、「新しいプロジェクト…」をクリックしてください。

  2. 「名称未設定」のところを「light」に変えてください。


  3. 前回までと同様の手順で、下の写真のとおり、ブロックを組み立ててください。下の「新しいブロック」の項目も参考にしてみてください。


新しいブロック

  1. 「明るさ」ブロック


    ツールボックスの「入力」の中にあります。micro:bitでは明るさの度合いを0~255で表します。明るくなればなるほど数字が大きくなります。

シミュレーターで確認してみよう

エディターのシミュレーターでボタンAをクリックして押してみてください。micro:bit左上に照度計が表示されるはずです。

照度計黄色の部分をドラッグすると「128」の数字が変化します。

※値が2桁以上の場合は、LEDには1桁ずつスクロールして表示されます。そのため、ボタンBを押さなくても数字は消えます。

micro:bitで動かしてみよう

今までと同じように、micro:bitにプログラムをダウンロードしてください。これでプログラムが実行されます。

使い方

  1. 明るさを調べたい場所にmicro:bitを持っていき、ボタンAを押してみましょう。
  2. LEDに明るさが表示されます。いろいろな場所の明るさを測ってみましょう。(手をかざすだけでも明るさは変化します)